★ 2019年はこんな年 ★

2019年の占い

 2019年はJUPITERが主星となります。《総合の神》である木星は、
物事をまとめあげる威力を持ち、本来は平和・平等・平穏の為にリーダーシップを発揮する象徴神ですが、
現代社会、現代世界は、地球そのものが"病んでいる"状況で、自然界が様々な形で侵されつつあります。

 文明の進化で便利になった分、悪影響もハネ返って来ると云う訳で、
天候不順やら温暖化現象やら、諸々の難問が浮上して来ました。

資源の枯渇を筆頭に、今後は食物不足も頭をもたげる重要問題となるでしょう。

 当然、強奪戦があり、取得権の主張も浮上して来る…。
その権利の分担をいかに測るか?

世界の警察と呼ばれるアメリカが、どう尺取りを実践するのか!?
その辺りから幕開けとなりそうな2019年です。

 とは云え、競いばかりではありません。
"協力態勢"を整えるという意味でもリーダー星JUPITERの威力は必至。

 それぞれの国と事情や訴えで、輸出入の形式を変えたり、海洋の漁場権の区分など、曖昧な事態を明確化するのも、リーダー星の好影響となるでしょう。

 ただ、自然界の機構の不順は、大気汚染を軽減させていく方法を実践して行かなければ改善を図れません。
季節がズレこむ様子は日本国内だけでなく、各国で不安材料の一つになる模様。
作物の育成にも響くでしょう。狂牛病や鳥インフルエンザ等、動物たちに巣食う怖い原因菌も蔓延する傾向を伺いますが、食肉に替わる大豆製品や魚介の風味を持った海洋植物の活用等、化学式が割り出す"美味しい食品"も開発されそうです。

 JUPITERが率いる守護星チームには《植物の神:SATURN》《海の神:NEPTUNE》
そして《下界の神:PLUTO》が各々の威力を発揮するのですが、
室内の空気を浄化してくれる観賞用の植物がブームを呼んだり、海の恵みが新しいシーフードとなったり、また《地下神PLUTO》の悪いイタズラは地震を招き、休火山が火を噴く事も…。

 但し、地下のお宝(原油や温泉・地の底で眠っていた鉱物や埋蔵金など)が、ヒョッコリ顔を出すといった珍事も登場しそうです。



 流行色は、JUPITERを強調する"三原色"(赤、青、黄)が目立ちますが、グレーやベージュ等、大人カラーも人気を呼ぶ見込み。
ファッション傾向はややクラシック調。ブランド製品の流行復活も2019年の特徴のひとつとなるでしょう。

 またリサイクルショップや、一時借りのリースショップも活用度が高まりそう。
上手に贅沢品を身に付ける習慣も、ひとつの流行りになるかも。

 2020年の東京オリンピックに備えて、様々な企業が動いて、
住宅から車や、和装(着物)まで…
"買うより借りる"合理性も密かなブームになりそうです。

 カジノの解禁や、競輪・競馬など、国営ギャンブルも、日常的な話題にのぼる風潮も…。

 大人の娯楽がネットを通じて未成年の遊びごとに転じてしまったりするのは些か心配ですが、
何でもアリのネット社会をどこまで取締まれるか?ネット社会の新たな問題浮上です。

 大きな助成役を果たしてくれそうなのがロボット世界。
介護ロボットの発展を始め、痛くない予防注射ロボが登場すれば、子ども達を怯えさせずに済むのですが…

 2019年、物事を正して統一するJUPITERの威力が、国交間の平和に貢献してくれる事を祈ります。



2019年度の注目の守護星

今年の注目の守護星
JUPITER
JUPITER

コメント


認証コード0840

コメントは管理者の承認後に表示されます。